「ほっ」と。キャンペーン

その引越し荷物はここにおいて

適当に置いておいてくださいなどと気軽に言ってしまい、あとから荷物を移動するのに困ることがあります。

引越し荷物はどうしても、置き場所を初めから決められないものもあります。しかし、大きくて重たいものほど、一度置くとその場から動かしにくいもので、時と場合によっては、その物を中心に物を置いて行く場合もあります。

こんなはずではなかった状態になることもままあります。荷物は大きいものから小さいものまでありますが、こういう失敗は一度経験すると性根もいるもので、次の引越しの時はちゃんと計画だって考えます。明かりとりのことまで考えて、荷物をセッティングしていきます。

私は子供が1歳半にときに引越しをしました。まだ物心がついてないので肉体的にも精神的にも大変でした。まず引越しの準備をするのも一苦労でした。

荷造りするのも子供の相手をしながら少しずつだったので倍の時間がかかりました。引越し当日はさすがに実家の母親に預けました。荷物を運ぶのは引っ越し業者してくれるので、よかったのですが新しい家に荷物を置いた後がまた大変でした。

荷造りと一緒で子供相手をしながら荷解きをしたので引越しの疲れと片付けをしなければという気持ちはあったのですが、疲れで体調を崩してしまいました。

その後はゆっくり片付けていきました。つくづく思ったことは子供が小さいうちの引越しは避けることだと思いした。


[PR]
by segonqx | 2014-07-11 17:06
<< 引っ越しの見積りに来てくれた営業さん