「ほっ」と。キャンペーン

意外とすぐ片付く引越し荷物

今迄3回引っ越しましたが、荷造りも荷ほどきも、意外と早く終わります。荷造りは引っ越し日までに終わらせないといけないので、計画的に行わないといけませんが、まずは不用品を処分することから始めます。それから、季節的に使わないものからどんどん詰めていきます。引越しの荷物で注意するものをピックアップすればOK。生活のスペースを考えて段ボールを置いていきます。

荷ほどきはキッチンの物と、普段着から出していきます。普段使う食器と調理器具はすぐ出せるように、運んでもらいます。毎日少しずつ荷ほどきをしていると、2週間ほどで粗方片付いてしまいます。後は、滅多に使わないようなものは段ボールのまましまっておいても良いでしょう。

もっと都会に住みたかったのです。そのために父は、私のために引越しをしてくれたのです。ずっと田舎で不自由に暮らしてきました。この生活がとても嫌だったのです。その思いをいつも父にぶつけていたのです。だから父は私のために、この田舎から都会へと引越しを決意してくれたのでした。こんなにも簡単に引越しができるなんて、思ってもいませんでした。引越しって結構大変なのです。私は洋服がとても多いので、なんとダンボール七箱分の洋服になったのです。どれも重くて、どれも大事なものです。引越し業者には頼まずに、私と父と二人で引越しをしたのです。大きなトラックを借りて、二人で荷物を運びました。想像よりも大変でしたが、都会への引越しなのでウキウキでした。
[PR]
by segonqx | 2014-07-28 08:42
<< どんな音楽が好きですかって? 飯田橋駅のホーム引っ越し >>